なんちゃってパルサー

20040930
20041002

バッテリーパルサー
バッテリーの電極にパルス性の
衝撃を与え、
バッテリーを活性化させるという
パルス充電が出来ない車用バッテリーに
効果がありそうです。

買うと安いもので1万円くらいします。
ネットで自作キットを見つけたので
早速注文してみました。
送料OP込み¥2,300−
自分で部品集めるよりぜんぜん安い!

サイトの回路図を参考に考えながら組んでいきます。
ある程度電子工作に詳しくないと無理かもしれません。
手持ちのガラスエポキシ基盤を使うことにし、
基盤もなるべく小さくしようと思います。
サイトの物と送られてきた物で
若干定数が変更になっているようです。
さて出来上がりました。コイルがデカイ!
実はこの時点ではジャンパー線2本を忘れています。
テストでバッテリーにつないでみたら、
白い煙がポワ〜
すぐに離して、事なきを得ました
ふ〜
ジャンパー2本を追加して、
良く確認して再度投入
1msecに3個パルスが出ています
3kHzってこと・・
一応働いています。
ビニール袋に入れ、シリコンコーキング剤で
固めてしまいます。
ならしたあと、余分を取るようにして
このまま固めてしまいましょう。
2〜3日ほったらかしにしておいて、
その間にデータ取ります。
1時間ほど走らせたあとでバッテリーの電圧を計ります。
1、エンジンがかかっている状態
2、エンジンを止めてキーを切った状態
3、エンジンを止めてキーを入れた状態(ライト点灯)
以上3パターンで計ろうと思います。

結果はまた〜
こんな感じに収まりました。
未装着時、1時間走行直後
1、12.7V
2、12.8V
3、12.3V
となりましたが、ちょっと低いですね?
1時間ほど停めておいたら14.0Vになっていました??

←取り付け中
このバッテリーは使用8ヶ月、ちょこちょこ乗っているので
状態は良いようです。

装着状態で波形を見ようと思いましたが、
我が家の腐れかけオシロでは鮮明なパルス波形を、
捕らえることが出来ませんでした。
でもバッテリー端子で波形を見ることが出来るので
それなりのパルス電流は流れていると思われます。
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー